エステに通うことは腰痛や肩こりの予防にもなる

現代人は働き過ぎの傾向があり、それに伴って身体の具合を悪くしている人も大勢います。日本人の中でとくに多い症状として挙げられるのが「腰痛」や「肩こり」といったもので、これらの症状は一度発症させてしまうとなかなか改善しないという厄介さもあり、こうなってしまわない為ケアが非常に重要とされています。
しかし自分自身でケアを行うとなると、容易ではありません。

まずどのようにケアしたらいいのかも分かりませんし、腰や肩には神経が集まっていることもあって知識もなく揉んだり押したりしてしまって痛みが出てしまうという事も稀にあります。
そんな時に役立ってくれるのが、全国各地にあるエステサロンです。中でも、高知のエステサロンでは、最近は女性だけでなく男性も通えるエステやカップルで受けられるプランなども充実しているエステが増えてきているので、腰痛や肩こりの予防にも効果を発揮してくれます。

そもそも腰痛や肩こりはどのような事が原因で引き起こされるのでしょうか。さまざまな原因がありますが、その内の一つに身体の冷えと代謝の低下があります。こうした原因が身体の巡りを滞らせることで正常に機能しなくなり、腰痛や肩こりを引き起こします。
エステではセルライトを撃退する施術を受けることが出来ますが、このセルライトが増えると身体の血流が悪くなってしまうので、冷えやすい身体へと変えていってしまいます。ですから、セルライトを除去すれば身体の巡りが正常になり代謝も上がるので、身体も温まり、結果的に予防へと繋がっていくのです。

キャビテーションの効果をアップさせる半身浴

キャビテーションというのは、美容外科などで行われている痩身方法の一つです。
脂肪吸引で脂肪を落とすためには、従来はメスを使った施術が一般的でした。
しかし、メスを使った施術は受ける本人にとって恐怖心が高いため、受けにくいというデメリットがありました。
キャビテーションはメスを使わないで特殊なエステマシンを使って超音波で脂肪吸引を行う方法です。

原理としては、表皮奥にある脂肪に超音波を当てて、超音波の力によって気泡を生じさせて、その気泡で脂肪脂肪を壊していきます。
壊れた脂肪細胞は中性脂肪の形で流れ出し、肝臓まで運ばれます。
肝臓で代謝が行われて、後は体外に排出すれば脂肪が減るという仕組みです。

このキャビテーションが特に有効なのは、セルライトという脂肪細胞と老廃物が合体して塊になってしまった状態に対してです。
セルライトができてしまうと、自力でほぐして排出させるのは通常の脂肪細胞の時よりも難しくなるからです。
超音波の振動回数は何百万回という回数なので、セルライトを柔らかくすることが出来ます。

また、キャビテーション単独で行うだけではなく半身浴などと組み合わせて行うと、肝臓で分解された後、排出されるデトックス(体に溜まった有害物質の排出)効果が高くなります。

半身浴は自宅でも可能なので、試してみると良いでしょう。

大学時代の思い出に浸る

ちょうど9年前の今頃2週間ほど女3人でヨーロッパに行ってました。大学の卒業旅行でヨーロッパを選んだのです。イタリア、ドイツ、フランスを周遊したのですが今ではとても楽しい思い出になっています。

Read more

1 2 3 7